MENU

プリウス買取!でも10万キロ・10年落ちでも売れるの?

 

10万キロ超えのプリウス

 

プリウスを10万キロ以上乗っていると、さすがに市場価値は探します。

 

ですが、当サイトの3つの基礎を理解し、実践することで、高く売れる確率がグン!とアップしますよ。

 

比較を徹底的にする

 

「近所の車買取店に持ち込めばいいか・・・・」

 

身近なお店に持ち込めば手間がかかりませんし、確かにラクチンです。

 

ですが、ライバル他社が不在だと、プリウスを安く買い取られる恐れがあります。

 

そのため、できる限り多くの買取店へ査定依頼をしましょう。

 

※特に10万キロ〜20万キロ以上の車だと足元を見られる恐れがあるため、複数社査定がベストです。

 

一括査定サイトを利用

 

とはいえ、あちこちの業者へプリウスの依頼するのは時間&交通費がかかるなどかなり面倒です。

 

そこで、ネットの車一括査定サイトで、複数買取店へまとめて無料で見積依頼しましょう。

 

極秘!裏テク!

 

ライバルの車買取店同士、競争させることはもちろんですが、もう一つ隠しワザがあります。

 

それは”一括査定サイトを2つ利用すること”です。

 

  1. かんたん車査定ガイド(※大手系買取店が加盟)
  2. カーセンサー(※地元系買取店が加盟)
  3.  

 

当サイトでは、かんたん車査定ガイド(※)、と一括査定サイトをオススメしています。

 

※二重査定をしないJADRI加盟店で構成されています。

 

が、依頼地域によって買取店が”大きく”異なるため、
地元の買取店の加盟が多い”カーセンサー”も一緒に合わせて利用します。

 

つまり、”大手+地元系”で買取店をくまなく探すことができる、というのが今回の裏ワザです。

 

※登録・見積・出張査定などすべて無料で利用できるため、ご安心ください。

 

車買取を応援する女性

 

かんたん車査定ガイド(※完全無料)

 

 

 

≪特徴≫

 

@超高速の32秒! 他を圧倒する簡単入力
A愛車の買取概算価格がスグわかる
Bパソコンやスマホ初心者に優しい入力設計
CJADRI加盟店が参加

 

http://a-satei.com/

 

 

 

カーセンサー(※完全無料)

 

 

≪特徴≫

 

@リクルートが運営する老舗自動車情報サイト
A地元密着店に強い【※地元愛が強い方は必ず!】
B事故車も受付OK!

 

 

http://kaitori.carsensor.net

 

 

楽天オート(※完全無料)

 

 

≪特徴≫

 

@車売却で楽天1500ポイント付与!
A大手ショッピングモール楽天が運営
B初心者にやさしい

 

https://auto.rakuten.co.jp

 

 


 

 

トヨタプリウスの特徴&魅力を解説

 

新車を購入する選択肢の中にプリウスを入れた場合、自動ブレーキシステムをはじめとする、安全装備に魅力を感じるのは当然かもしれません。

 

これだけでも走行中の安全性はかなり高まってきます。そのプリウスの更に魅力的な部分として、燃費のよさがあげられます。

 

電気自動車としては高レベルな走行距離の長さ、充電切れの際もガソリンを使用した、ハイブリッド走行での燃費のよさも、プリウスの特徴のひとつになります。

 

なので、近場は手軽な電気で、旅行など遠くへのお出掛けの際はハイブリッド走行でと、
状況に応じた運転が可能ですので、エコカーにふさわしい燃費が期待できるでしょう。

 

更にプリウスの洗練された外観のデザインと、未来志向の内装や装備が高級車としての魅力を十分に感じ取ることができます。

 

オプションでソーラーパネルを取り付けることにより、走行用のバッテリーが充電も可能になる機能も装備されています。

 

実用性が高い上に高性能、デザイン性も高くエコ機能も充実したプリウスは、
多くの危険からドライバーの身を守る安全装備と、安定した走行から得られる安心感こそがプリウスの特徴でしょう。

 

内装品や小さな部品ひとつひとつにも上質なものが採用されている細部へのこだわりも、プリウスの魅力をさらに高めています。

 

 

10年落ちのボロボロの車でも売れる?

 

中古の車でもこれが売れるかどうかわからないぐらい古いもので、そんな状況であるのにもかかわらず10年落ちのボロボロの車が果たし売れるのか疑問だと感じるはずです。

 

というよりも、普通なら絶対売れないと思いませんか。

 

ところが査定に出してみると、意外や意外、高い金額とまでは行かないとしても、ある程度の金額で引き取ってもらえることもあるのです。

 

実は10年落ちの古い車であっても、仮にそれがボロボロであったとしても実は売れるのです。

 

それはやはり10年もたてばそれを買いたいと思っても、なかなか部品がなかったり、車自体がなかなか走ってなかったりするので、欲しい人にとってはいくら出してもそれを手に入りたいと思うわけです。

 

その車は本来ならボロボロで、全く価値がないように思われても欲しい人にとっては、喉から手が出るくらい欲しいはずです。

 

ですので、もう売れない、無理だと諦めるのではなく、あくまで中古車センターや車買取専門店などに持っていって査定をしてもらうと良いでしょう。

 

そうすれば意外や意外、高い金額で売れてしまったということもよくあるのです。

 

ご自身がそんな状態になるまで愛してきた物だからこそ、次にそれを購入される方も大切にするでしょう。

 

 

車買取と下取りって何がどう違うの?

 

中古自動車の引き取りには車買取と下取りの2種類があり、一見同じように思われがちですが、この2つは意味合いが違い、実態は大きく異なります。

 

下取りは、自動車を購入する際に購入店舗が直接買い取るもので、購入価格からの値引きが主な目的となります。

 

ほとんど値段が付かないような中古自動車や、引き取りに費用がかかるような価値の無い状態であったとしても、値引きのために値段を付けて引き取ってくれるのが大きな特徴です。

 

一方の車買取は、自動車の購入とは因果関係が無いため、複数の店舗が対象となります。その時々のトレンドや自動車の状態によって査定されるため、状態が良いほど、
人気の車種ほど高値で買い取ってもらうことができます。

 

複数の店舗に見積もりを出してもらい、最も高値を付けた業者に買取を依頼するといった方法もあります。

 

車買取の方が有利のように思えますが、下取りでは価値が無いと判断された場合でも、
車を売るために多少の値段が付けられる反面、買取の場合は買い取って貰えない可能性もあるため一長一短です。

 

事前に市場を確認し、高値が付きそうな場合や新たに車を購入する必要が無い場合は車買取を選択し、車を買い換えることが前提で、
かつ価値が低いと判断できる場合は下取りを選択するなど、状況に応じた使い分けが重要となります。

 

 

車買取は売却の契約後にキャンセルできるの?

 

車買取の契約を交わすと、そう簡単にはキャンセルすることはできません。

 

これは他の契約においても同じことが言えますが、契約は取引に関して間違いなく双方が合意したという証拠です。

 

そのため安易にキャンセルを認めれば契約自体の存在意義や有効性が揺らぐことになり、
決して認められることではないのです。ただ、そうは言っても現実的に考えれば事情が変わって契約を履行できないケースも珍しくありません。

 

車買取においても、契約後に他の業者へ売却したいと考えが変わったり、やっぱりまだ車が必要だと考え直すこともあるでしょう。

 

このような場合、車買取業者がまだその車を他の取引相手に売却していなかったり、契約書にキャンセルが可能と記されていたりすれば、キャンセルが認められる可能性もあります。

 

全ての買取業者が応じてくれるわけではないのですが、ダメもとで申し出てみる価値はあるでしょう。ただ、キャンセルに応じてくれたとしても、
その代わりに違約金を求められることもあるので注意が必要です。

 

違約金の金額は業者ごとに異なりますが、売却代金によっては10万円以上の違約金が必要になるケースもあります。万が一キャンセルする場合に備えて、契約前に違約金に関しても確認しておきましょう。

 

 

 

TOPへ

 

 

【参考サイト】

 

車売る!高く売却する方法